茹でた後の素麺が余っていたのですが、今日は汁っ気のある麺類って気分じゃないんですよね。
そんなわけで、焼き素麺を作ってみました。

焼きそばや焼きうどんより麺が細くて柔らかいので、具も柔らかいものにします。
茹でたもやしと竹輪が有ったのでそれにしましたが、白一色で彩りは悪かったですね。

素麺はそのまま焼くとブツブツ切れちゃうので、ザルごとボウルに溜めた水につけて、優しくほぐします。
まあその優しくほぐしてる最中にも、ブツブツ切れる感触がしたわけですが、仕方のない犠牲だと思って割りきりました。
ほぐれたらざっと水を切って、もやしと竹輪と一緒にざっと炒めて、醤油をかけて完成。
もやしも竹輪も素麺も、どれもそのまま食べていい物なんで、炒める時間は最低限で。

味の方は、正直あんまり美味しくないですね。
ほぐし切れなくてダマになってますし、炒め過ぎると千切れるからと急ぎすぎて、味もダマになってます。
というか、よくよく考えたら、焼き素麺って上手く作れた試しがない気がしないでもないです。
やっぱ素麺はそのままメンツユで食べるべきだったんですかね?